FC2ブログ

大雪山麓~樹凛工房

ここは北海道大雪山麓、日々家具づくりにいそしんでいます。

北海道は初夏の陽気です

ゴールデンウィークに入りました。
ここ美瑛では、遅かった春を一気に飛び越えて初夏といった陽気です。
日中の気温は20度前後まで上るようになりました。
ほんの2週間前までストーブを焚いていた、なんて信じられませんよね。


IMG_1410.jpg


さて、工房でのちょっとした試みです。

家具等の木製品を製作するうえで頭を悩ますものが端材の扱い。
「歩留り」といって、乾燥から上がった製材の体積のうち、どれだけの量を製品として有効に使えるか。

製品になる割合が多いと「歩留りが良い」、逆に少ないと「歩留まりが悪い」、という言い方をします。
例えば耳付きの板材をカンナを入れずにそのままドン、とテーブルトップに使用すると捨てるところはなく、「歩留りが良い」ということになりますね。
でも、デザインするうえでそれではかっこ悪い、お部屋のイメージの合わない、ということでバランスの良い厚さまで削って大きさも整えて・・・
などと手を加えていくと、残念ながら無駄な部分も増えていきます。

そういった工程で出てくるのが木端、端材です。
形や大きさがばらばらなので生産性が悪く、薪ストーブを使用している当工房ではその多くが貴重な冬の燃料になります。
しかし、ある程度形等がそろったもので数がそろうとストーブに投げ込むのは・・・
何とも痛ましいものです。

そこで、それらを接着して寄木または積層材にして何かできないものか・・
そんなことにモソモソと取り組んでいます。
まだまだ製品というカタチにはなっていませんが、そのうち日の目を見るときが来るかも。


IMG_4316.jpg


冒頭でも書いたように、北海道は初夏の陽気。大地も一気に目覚めたようです。

里山の木々の萌木色も、日ごとその濃さが増していきます。
カタクリやエゾエンゴサクといった山野草は今が満開。あちこちで美しい姿を見せてくれています。
道南地方ではそろそろ桜の開花の便りが届くころ。

ここ美瑛でも、もう少しでお花見ができそうですよ。


  1. 2012/04/30(月) 08:54:13|
  2. 工房日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大きなものから小さなものまで

この週末は良いお天気で雪解けも進みました。
が月曜日の朝は一転、雪のちらつく冬の空に逆戻り。
季節は晩冬と早春の間を行ったり来たりしています。


IMG_1416.jpg


さて、昨日はお客様のところに納品に行ってまいりました。

写真の木工品、「これはなんだ?」と思われるかもしれませんが・・・
実はこれ、ショップカードのスタンドなんです。
高さ20cmほど、ナラとウォルナットで製作しました。
冬の間、テーブルやソファなど大きなものの製作が続いたので殊更小さく感じてしまいます。

重たくないので(あたりまえですが・・・)体は楽なのですが、
このような小さなクラフトは、ちょっとした加工の誤差やミスもすぐ分かってしまうので侮れません。
神経は使いますが、細かな仕口がピタッと決まった時はひとりニンマリとしてしまいます(笑)


IMG_1419.jpg


こちらは私物です。当工房のサイン。

工房と自宅ショールーム(改装中)に小さな表札は出しているのですが
過去に幾度となく「わかりづらい」とご指摘をいただいていました。
それならば、と時間を見つけては製作していたのですが、もうすぐ完成です。
昨日の納品前、工房見学ご希望のお客様を一組おむかえすることになり、とりあえず仮に設置してみました。
(薪を支柱に見立てて置いただけなんですが・・・)
それでもなかなか良い感じです。

もう少し雪解けが進んだら、所定の場所に設置しようと思っています。
そんなに大きくはないですが、きっと道路からすぐ目に入ると思いますよ。

  1. 2012/04/09(月) 08:11:45|
  2. 工房日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤマザクラの特注品 完成しました

インフルエンザを発症して半月あまり。
さらにさらに、不覚にもその後に風邪もひいてしまいましたが
慌ただしく過ぎていく毎日の中で、気が付けばすっかり完治していました。

そして気が付けばもう3月・・・
この2日間ほど季節をひと月あまり先取りしたような暖かさで、工房屋根の雪も派手に落雪。
雪融けも少しずつ始まったようです。





さて、攻め込むウィルスどもと格闘する中、続く納品も何とか無事終えることができました。
昨日はヤマザクラの特注品2点の集荷がありました。

一つはTVボード。
「練り付け」といってヤマザクラのつき板と合板、無垢材を組み合わせた作り方で製作しています。
塗装もウレタン塗装です。

樹凛工房での製作は無垢の木の家具が中心ですが
それ以外にもご注文に応じて様々な仕様で製作しています。


IMG_1316.jpg


もう一つは2000mm×900mmのダイニングテーブル。
こちらはすべて無垢材を使用。
ただし脚部分は85mm角と太い仕様なので、「共木」といって同じ板からとった材を接着して厚みを確保しました。
塗装はオイルフィニッシュで仕上げました。

この冬の繁忙期第一弾はとりあえず無事にやり過ごすことができました。
週末は一息つけそうです。
週明けから始まるその第二弾に向け鋭気を養って・・・あ、工房屋根から落ちた雪を片付けないと!

  1. 2012/03/02(金) 10:54:32|
  2. 工房日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月30日~1月4日までお正月休みです



28日、今年最後の忘年会が終わりました。
旭川さんろく街にて、気の置けない仲間たちと今年のシメとばかりに徹底的に。
皆それぞれの場所でそれぞれの役割をがんばっています。
私も来る新年、新たな気持ちで精進しなければ。

そんな翌朝29日。
久々の朝帰りの後は、粛々と工房の大掃除。
おかげさまで今年も無事終えることができました。
皆様、ありがとうございます。

樹凛工房は 12月30日~1月4日 までお正月休みです。

  1. 2011/12/30(金) 14:34:55|
  2. 工房日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤマザクラ材 届きました



先日、ヤマザクラ材が届きました。

板目材と柾目材、割合は3:1。 ともに幅広材を指定。
今回、柾目材は赤身(心材とも言います)部分で150mm以上必要なのですが、
最近の木材事情、特にヤマザクラではなかなか難しいようです。
幸い必要な数は木取りすることができそうです。

年内はタモ材と合わせて木取り作業まで。
年末年始でこの木取りの終わった材を寝かせ、来年1月の製作です。

  1. 2011/12/28(水) 07:53:19|
  2. 工房日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダイニングテーブルの天板を製作中



工房ではダイニングテーブルの天板を製作しています。
天板の反りを防止する「反り止め」という部材と天板との納まり部分の加工中。
「吸い付き蟻桟」という仕口で納めます。

昨日は天板裏面に蟻溝というテーパーの付いた溝を彫り込む作業を行いました。
ハンドルーターでの作業、工房内は木屑だらけになります。


  1. 2011/12/14(水) 07:55:34|
  2. 工房日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ