FC2ブログ

大雪山麓~樹凛工房

ここは北海道大雪山麓、日々家具づくりにいそしんでいます。

無垢の木は生きています



先週末に展示会場から引き下げてきた家具たち。
テナントビル等は、その性質上かなり空気が乾燥しており、
これは無垢の材にとってかなり過酷な環境です。
例えば今回の場合・・・

ダイニングテーブル天板は幅850mm→844mm
ローチェスト天板は幅420mm→417mm

と収縮いていました。
一般住宅で使用する場合(もちろん個々の環境によりますが)より動きは大きくなるようです。
もちろん、使用した材の乾燥状態にもよりますが。
ただし、ダイニングテーブルの天板には「吸い付き蟻桟」によって反り止めを打ち込んであるので
動くのは横方向のみ。反りはしっかりと押さえられています。

これが春から夏にかけて室内の湿度が徐々に上がって行くと、再び空気中の水分を吸収して元に戻り、
今度は少し伸びた状態まで動きます。

こうして一年を通して伸縮をくり返すのです。
家具になっても無垢の木は生きているのですね。

  1. 2012/01/23(月) 08:12:22|
  2. 家具・インテリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日差しが明るくなってきた・・・かも | ホーム | 午前6時 氷点下23.3度>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirinkoubou2.blog.fc2.com/tb.php/36-c87e1f63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)