FC2ブログ

大雪山麓~樹凛工房

ここは北海道大雪山麓、日々家具づくりにいそしんでいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

北海道は初夏の陽気です

ゴールデンウィークに入りました。
ここ美瑛では、遅かった春を一気に飛び越えて初夏といった陽気です。
日中の気温は20度前後まで上るようになりました。
ほんの2週間前までストーブを焚いていた、なんて信じられませんよね。


IMG_1410.jpg


さて、工房でのちょっとした試みです。

家具等の木製品を製作するうえで頭を悩ますものが端材の扱い。
「歩留り」といって、乾燥から上がった製材の体積のうち、どれだけの量を製品として有効に使えるか。

製品になる割合が多いと「歩留りが良い」、逆に少ないと「歩留まりが悪い」、という言い方をします。
例えば耳付きの板材をカンナを入れずにそのままドン、とテーブルトップに使用すると捨てるところはなく、「歩留りが良い」ということになりますね。
でも、デザインするうえでそれではかっこ悪い、お部屋のイメージの合わない、ということでバランスの良い厚さまで削って大きさも整えて・・・
などと手を加えていくと、残念ながら無駄な部分も増えていきます。

そういった工程で出てくるのが木端、端材です。
形や大きさがばらばらなので生産性が悪く、薪ストーブを使用している当工房ではその多くが貴重な冬の燃料になります。
しかし、ある程度形等がそろったもので数がそろうとストーブに投げ込むのは・・・
何とも痛ましいものです。

そこで、それらを接着して寄木または積層材にして何かできないものか・・
そんなことにモソモソと取り組んでいます。
まだまだ製品というカタチにはなっていませんが、そのうち日の目を見るときが来るかも。


IMG_4316.jpg


冒頭でも書いたように、北海道は初夏の陽気。大地も一気に目覚めたようです。

里山の木々の萌木色も、日ごとその濃さが増していきます。
カタクリやエゾエンゴサクといった山野草は今が満開。あちこちで美しい姿を見せてくれています。
道南地方ではそろそろ桜の開花の便りが届くころ。

ここ美瑛でも、もう少しでお花見ができそうですよ。


  1. 2012/04/30(月) 08:54:13|
  2. 工房日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<桜のはなし | ホーム | 特注アームチェアの納品と春の年中行事>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirinkoubou2.blog.fc2.com/tb.php/52-1d7c3c59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。