FC2ブログ

大雪山麓~樹凛工房

ここは北海道大雪山麓、日々家具づくりにいそしんでいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雪と格闘しながらデスクセットを製作中!

IMG_3217.jpg


この春、小学校に入学されるお子様がいらっしゃるご家庭からのご依頼です。
一件はヤマザクラ材を使用、デスク1270タイプとチェスト、チェアのセット。
もう一件はメープル材使用のデスク1000タイプとチェアのセットです。
木取りを終わらせて10日ほど、いよいよ加工に入ります。
先ずはデスクとチェストの天板、鏡板、引き出し材の 「板はぎ」 を行います。
「板はぎ」 とは、板材を横方向に接着し、必要な幅の材にすること。
木目や色あいのバランス、木表木裏を考慮しながら 「目合わせ」 していきます。
目合わせが終わると接着面の加工。
接着面は、隣接する板を合わせたとき、その真ん中くらいをスッと光が透けるくらいに隙間を開けます。
そして、「やといざね」 の加工。接着面に薄い板を継ぎ足すことで接着強度を高めます。
この後、接着部分の水分 (接着剤の水分ですね) が抜けるまで養生します。


IMG_3203.jpg


1月中旬から寒い朝が続いています。
そして、どうやら今冬は降雪量も多いようで・・・ 連日朝は除雪から始まります。
少しの雪ならスノーダンプと雪押しでササッと片付けるのですが、
20cmも積もった朝はさすがに大変なので除雪機の登場。
この除雪機、近所の農家さんが使わないからずっと貸す、と言ってある朝トラクターで持ってきてくれたもの。
いやはや、ありがたいことです。
で、この除雪機、一度使ってしまうとその楽なこと楽なこと(笑)
除雪機自体を動かすことも楽しく、これはやめられません。
雪との格闘も少しは楽しくなりそうですよ。


  1. 2014/02/02(日) 18:26:29|
  2. 家具・インテリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カツラの古材をリフォーム。 | ホーム | 厳寒の中の木取り作業、-20℃以下の朝です。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirinkoubou2.blog.fc2.com/tb.php/82-c2c99cbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。